• ホーム
  • しっかり稼ぎたい人はジャンルを絞るべし!

しっかり稼ぎたい人はジャンルを絞るべし!

ところで、あなたは何を書いてブログやサイトをはじめようとしていますか。実はとても大事なのが、この何を書くか、ということです。
書く内容によって、稼げるかどうかが大きく変わる場合があります。

注意したいコンテンツのひとつがYMYLと呼ばれるジャンルです。
これは何かというと、Googleの検索サイトが重視し始めたものです。これは、4つの内容に注意した方が良いというものであり、ウソや人を無意味にアフィリエイトにいざなうようなサイトはやめた方が良いというものです。

具体的には、ショッピングまたは金融取引の内容、金融情報に関する事、投資や税金、家の購入などについての情報、医療情報、健康や薬・精神的健康などの情報、法律情報についての内容を指します。これらのページはいつもより高品質でしっかりしたページでないと評価されにくくなります。
また、公的機関の市民にとって重要な情報や災害対応サービスなどの記事も、品質を重視したサイトやページではないと難しい傾向があるでしょう。

これらの情報は変に間違うといろいろな人にトラブルや誤解、大きな損害を招くことになりかねません。このため、品質基準が厳格になるので適切なサイト作成やページ構成、あるいは信用情報が重要になります。

一方、YMYLに含まれない情報でも、サイト内のコンテンツや内容は重要です。
というのもサイトの中でもトレンド情報を多く掲載しているトレンドサイトはやはりアクセス数が集まります。Google AdSense上でも多くアクセスを集め、クリック報酬も高くなる傾向があるのです。その分、ある程度競合も増えるでしょう。

その一方で、トレンドサイトが見落としがちな特化型サイトというのもあります。
これは特定の情報や趣味の内容に特化しているもので、キーワードや内容も特定の情報に特化されやすいでしょう。このため、そのコンテンツがアフィリエイト収益化に積極的ならば、トレンドサイトよりも特化型サイトの方が稼ぐことができる可能性は高くなります。

アフィリエイトを始める場合、最初からアフィリエイト報酬が高いジャンルを選ぶという、ジャンル選定から始めるサイトもあります。
とはいえ、このようなジャンル選定から始めるサイトはすでに競合するサイトも多く、検索対策でも上位を狙えない可能性もあるのです。そのため、アフィリエイト目当てで最初から内容を絞ったサイトの場合、キーワード選定をしっかり行い適切なGoogle AdSenseの配置を行うようにしてください。