• ホーム
  • 未成年でも稼げるASPのご紹介

未成年でも稼げるASPのご紹介

もしかしたらこの記事を見ている人の中には、未成年者もいるかもしれません。アフィリエイトは未成年者でも稼げますが、いくつかの制限があります。

ひとつは使えるサービスが未成年者でも大丈夫かどうか、ということです。
よく言われているGoogle AdSenseについては、18歳未満の利用は禁止されています。このため、未成年者の利用は原則禁止となっているのです。

このGoogle AdSenseの代わりになるのが忍者AdMax(アドマックス)というサービスです。これはほぼ同じサービスで、広告スペースをサイト内に掲載してクリックしてもらえば報酬が出るというサービスです。

このように、代替のサービスを使うのが無難でしょう。
忍者AdMax(アドマックス)などのように代わりになるサービスは必ずあります。

一方、広告掲載ができる専用のアフィリエイトサービスの場合はどうでしょうか。
まず、有名な楽天アフィリエイトの場合、未成年者でも利用できます。ただし、楽天アフィリエイト上では親の同意が必要となっていますので、その点は注意してください。
もうひとつはAmazonアソシエイトですが、こちらの場合も親の同意書が必要になるため、比較的敷居は高くなるでしょう。

Amazonアソシエイトだけではなく、一般的なASPでも未成年は利用できない場合があります。
というのも、例えばアクセストレードやバリュコマース、A8.netなどのいわゆるASPはほとんどのサイトが18歳以上の参加には親の同意を必要としていたり、18歳になってからでないと利用できないことになっています。
このため、どんなに年齢が低くても高校生まで、18歳になってから利用した方が良いでしょう。

ただ、電脳卸というサービスであれば物販アフィリエイトの利用が可能です。
このことから、未成年者の場合は有名なアクセストレードやばりゅコマースなどではなく、まずは電脳卸から始めてみるのも方法でしょう。

なお、物販アフィリエイトの場合は長期cookie保存してくれるサイトやサービスをおすすめします。というのも、一度リンクを踏むとcookieというシステムが動き、クリックした後すぐの購入だけではなく、その後しばらくたってからの収益も狙えるためです。
なお、長期cookie保存はすべてのASPで行っている訳ではありません。バリュコマースやA8.netの場合でも使われており、収益の機会を増やすことができます。