• ホーム
  • 検索上位になる為に手っ取り早い手法は被リンクを増やす

検索上位になる為に手っ取り早い手法は被リンクを増やす

PCを使っている男性

検索上位という言葉があります。
これは今のネットユーザーの王道のネットの使い方で、いろいろなサイトにアクセスするためにはいろいろな調べたいキーワードで検索する、というのが基本になります。

この時、この検索サイトでの検索結果でより上の順位になるようにすると、アクセス数が増えて注目度も上がります。
このためのテクニックをSEOといい、いろいろなサイトがすでに対策を行っています。この対策をSEO対策といい、いろいろなサイトで検索順位を上げるための方法が取られているのです。
この検索順位で上位になること、特に検索結果すぐの1ページ目の検索結果に表示されると検索上位などといわれてかなりのアクセス数を期待することもできるでしょう。

このSEOですが、いくつかの方法があります。
もっとも簡単なのが、被リンクを増やす方法です。被リンクとは自分のサイトやブログが他のサイトやブログから受ける、リンクをしてもらうということです。一方こちらからのリンクは発リンクといわれ、それぞれ違いがありますので注意しましょう。

この被リンク数が多ければ多いほど記事の内容は良いとされます。
ただ、悪い方法でリンクを増やす方法もあり、そちらは検索サイトも把握していますから手を出さないようにしましょう。特に短期間で被リンク数が増えたり、良質コンテンツがないサイトからのリンクがいくつもあってもあまり意味がありません。

実は今、すでにリンクがあるドメインを売るサービスも出ています。
それが中古ドメインといい、中古ドメインの被リンクを活用することができます。
中古ドメインで簡単にすでに被リンクのある状態を得られるので、検索結果で検索順位の上位を狙うこともできます。

もう一つ狙いたいのが自然検索のトラフィック増加です。
自然検索とはユーザーが自然にサイトを検索する行為そのもので、このためにはテキスト量のある記事や良質なコンテンツを多く準備すること、サイトの更新を積極的に行うこと、記事タイトルを適切に配置することなどの方法があります。記事タイトルをちょっと長めにしたり、更新をがんばるなども良い方法でしょう。

もし検索で上位にならなくて、ドメインパワーで検索順位上昇を狙いたくてもできない場合、やはり販売されている中古ドメインの利用を狙ったほうが良いでしょう。
さらに、サーチコンソールを使ってサイトの検索順位を確認したり、内部リンクの貼り方がおかしくないかどうか、というようなことをチェックするのも大事です。特にサーチコンソールは良質コンテンツやテキスト量、内部リンクの有無などにも大事な影響を及ぼしますし、短期間でリンクを多く得た場合の対処もできます。ぜひ利用しましょう。